新鮮で美味しい野菜を見つける方法

意外かもしれない見分けるポイント

玉ねぎの場合

私たちの食事には当たり前のように存在している玉ねぎですが、その見分け方はこんな方法だというのをご存知でしょうか。

玉ねぎは調理して食べるのはもちろん、生で食べるのも美味しいのでいつの時代も食卓には欠かせない存在になっております。
では、そんな玉ねぎの見分け方をご紹介させていただきます。

玉ねぎの場合は、茶色の皮がきれいで尚且つ乾燥しているのがいいとされています。
よく皮には黒いしみがついていることがありますが、出来ればしみがついていないものを選ぶようにしておきましょう。

その他には、玉ねぎは頭の部分から痛みやすいので、頭を押して柔らかくなっていないかや変色していないかというのを確認するのがいいでしょう。

じゃがいもの場合

最後には、食卓の影の主役のじゃがいもについて触れていきたいと思います。

じゃがいもはカレーや肉じゃがには欠かせませんし、フライドポテトやポテトサラダという子どもたちに人気の料理のメインになっています。

そんなじゃがいもは、寿命が長いので保存用にたくさん購入される方もいらっしゃるでしょう。
ただ、ご存知の方も多いでしょうがたまに生えてくる芽には毒があるので、芽があるものは避けるようにしておくといいでしょう。
また、種類によっては硬さや長さも違ってきますので、その辺りにも注目しておくようにしましょう。

意外かもしれませんが、失敗が多いのもじゃがいもですのでこの知識を頭に入れておくと損はしないのではないでしょうか。



この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ