未成年の保険加入

未成年特有のリスクを考えて

保険見直しは社会人だけに必要だとイメージされる方が多いようですが、子供などの未成年であっても保険見直しは必要です。未成年の場合の保険見直しは、ガンや生活習慣病などの理由で死亡する可能性は成人した者よりも低く、死亡した場合の家計への影響も少ないので、死亡保障などは成人している場合よりも必要性が低いです。しかし、死亡するような病気にかからないにしろ、病気や怪我をして医者に掛かる可能性は否定出来ないのが現実です。だすから、未成年であっても医療保険は検討しておくのが安心です。また、比較的安く保険見直しを行う為にも、各自治体が行っている補助金も調べていた方が得策でしょう。補助金を活用する事が出来れば、保険料や保険内容を見直す際の参考になるのです。自身で調べる事が困難な場合は、ファイナンシャルプランナーなどを活用する事も検討しておくと良いでしょう。

過度な保障は不要だが早めの見直しは必要

具体的に見直すべき項目は前述したように、死亡保障、生命保険、傷害保険です。死亡保障を見直す主な理由は、未成年の場合の死亡する様な要因が少ない為ですが、加えて家族を養っている場合がほとんど無いので見直す事が必要です。生命保険や傷害保険の場合は、死亡する事よりも怪我や病気が多い為で、生命保険よりも傷害保険に加入している場合が保険料が安くなる事があるからです。子供の状況を良く把握して、適切な選択を行いましょう。また、これらに加えて一生涯続くような医療保険も検討した方が安心です。喘息などの子供特有の病気にかかってしまったらそれらの様な医療保険に加入できなくなる場合がある為です。安心した生活が送れるように、保険見直しは未成年のうちでも早めに行っておく必要があるでしょう。